俺的AKBラジオ局

聴き逃した君たちへ

小石公美子「トイレを男子が上から覗いてくる習慣があったんです」 高柳明音「!?」

250px-2014年SKE48プロフィール_小石公美子_2

9月13日放送の『高柳明音の暗黙の了解』より

ゲスト:小石公美子

お題に対し、好き、嫌い、ええっと・・・の3択で答える
『好き、嫌い、ええっと・・・』のコーナー
頭文字がSKE

トイレの話

RN:5番サードちゅり推し
トイレに一緒に行こうと誘ってくる女子は
好き?嫌い?ええっと・・・?

高柳明音「せーの」

高柳明音「好き」
小石公美子「好き」

小石公美子「これは私の為の問題です。」

高柳明音「この5番サードちゅり推しさんは小石の為に送ってくれたんだ?」

小石公美子「ちゅりさんの為じゃない!」

高柳明音「ちゅり推しってラジオネームだけどねw」

小石公美子「wwww」


 

小石公美子「私1時間に1回はトイレに行くんですよ。
6時間授業のときは6回いくんです。」

高柳明音「えー!?行き過ぎだろ。」

小石公美子「そうしないと、ちょっと、あの、漏れちゃう。」

高柳明音「www」

小石公美子「これは命に関わることだから。
でもね、1人では行けなかったんです。」

高柳明音「そうなんだ?」

小石公美子「うちの学校は男子が上から覗く習慣があって。」

高柳明音「習慣!?」

小石公美子「これマジな話なんですよ。」

高柳明音「上から覗くってことはトイレに入ってくるってこと?」

小石公美子「女子トイレが男子トイレみたいになっちゃってて。」

高柳明音「全然意味が分からないけどw」

小石公美子「男子が上から覗く場面が結構あったので、私はねー」

高柳明音「いつの時の話?」

小石公美子「中学です。」

高柳明音「おお、結構上だねw」

小石公美子「ふふっ、それで普通のトイレは行けないので先生用のトイレに行ってたんです。」

高柳明音「なるほどね。」

小石公美子「でも先生用のトイレなので生徒は使っちゃいけないから友達を見張りに立ててたんです。」

高柳明音「バレるだろwwwwこいつ見張りしてるなってバレバレだろwwww」

小石公美子「先生用トイレは普通は生徒は使っちゃいけなくて、
普通のトイレは男子に見られちゃうっていう、もどかしい中学生活を送ってたんです。」

高柳明音「もどかしくねーだろw」

小石公美子「これは本当なんですよ!ちゅりさん、笑ってますけどwww」

高柳明音「自分も笑ってるだろww」

小石公美子「wwww」


 

高柳明音「私は好きって言いましたけど、
信頼してる子じゃないとトイレに誘わないじゃないですか。」

小石公美子「なるほど。」

高柳明音「そういう意味で好きって言いました。」

小石公美子「私は、今のちゅりさんなら見張り役を任せられますよ。」

高柳明音「おっけー、してやるよ!」

小石公美子「怖い怖いww」

高柳明音「ホースで水ぶちまけながら見張ってやるよ!」

小石公美子「やだーwww」

 

▼番組情報
高柳明音(SKE48)の暗黙の了解 supported by サンシャインシティ

 

▼動画リンク
https://www.youtube.com/watch?v=HVjT7Aac3hk#t=11m54s

 


 

管理人

ほう・・・

 

upi2

 

-高柳明音の暗黙の了解
-,