俺的AKBラジオ局

聴き逃した君たちへ

大島優子「私のバージンを捧げるか、どうかー」 鈴木おさむ「舞台バージンって言ってくれるw?」

59566-DSCN1593

9月10日放送の『AKB48のオールナイトニッポン』より

大島優子
ゲスト:蜷川実花、鈴木おさむ

 

舞台バージン

大島優子「鈴木おさむさんが来てくださいました!」

鈴木おさむ「僕がなんで来たか知らないですよね?」

大島優子「はい。知らないです。」

鈴木おさむ「先日、秋元(康)さんのとこに、あるお願いをしに行ったんですよ。
大島優子さんはAKB卒業して、今後は女優としてやっていくわけですよね?」

大島優子「はい。やっていきます。」

鈴木おさむ「ドラマとか映画をやってきたと思うんですけど、僕が見る限り舞台ってまだやったことないですよね?」

大島優子「無いです。」

蜷川実花「うんうん。」

鈴木おさむ「前田敦子さんは、それこそ蜷川さんの舞台に出られて、初舞台だったんですよね?」

蜷川実花「そうですね。」

鈴木おさむ「僕が秋元さんに『大島優子さんの舞台バージンをください』ってお願いをしに行ったんですよ。」

蜷川実花「おおー?」

大島優子「すごい!舞台バージン!」

鈴木おさむ「舞台まだしたことないですよね?」

大島優子「はい。まだバージンです。」

蜷川実花「あははは!」

鈴木おさむ「舞台って最初に誰とするかって結構大事だと思うんですよ。
前田さんは最初が蜷川さんで、僕は放送作家ですけど10年くらいお芝居もやらしてもらっていて、
やりたいことがあって秋元さんにお願いしにいったんですよ。」

大島優子「はい。」

鈴木おさむ「『企画は面白いし、俺はOKだから、あとは大島優子に聞いてみて?』って言われたのよ。
『来週オールナイトだから放送中に聞いちゃいなよ』って言われたのよ。」

蜷川実花「おおー、さすが。」

大島優子「突拍子も無いこと言いますよねw」

蜷川実花「優子は今日初めて聞いたの?」

大島優子「なんとなく舞台の話があるってことは聞いてました。」

鈴木おさむ「おお、そうですか。」

大島優子「でも、こんなことになっているとは思ってなかったです。」


 

鈴木おさむ「やりたい話があって、2人芝居なんですよ。」

大島優子「バージンで2人芝居は無理ですよ!吐いちゃう!毎日吐いちゃう!」

蜷川実花「あははは!」

鈴木おさむ「バージンだから2人芝居なんですよ。
秋元さんも面白いねって言ってくれてるんです。
すごい人生を背負ってきた女性の話でクレイジーな役なんですよ。
激しいセリフもいっぱい出てきます。
大島優子さんのドラマや映画を見させてもらってますが、
大島優子さんがまだ皆に見せてない、内に抱えているものがある気がするんです。
ビリっと剥がして、中のドロドロっとした部分を出したいなと思ってて。」

大島優子「ああー」

蜷川実花「ふふふふっ」

鈴木おさむ「それを秋元さんに話したら、僕みたいな人と舞台の仕事をするのは面白いんじゃないかって言ってくれて。
ただ、ずっと喋りっぱなしの舞台になります。」

蜷川実花「おー!」

大島優子「うわー・・・」

鈴木おさむ「その返事を聞きに来たんです。」

大島優子「返事今するんですか?」

蜷川実花「優子、すごい顔になってるよw」

大島優子「やばいやばい!NOTTVがあるから映っちゃうw」

蜷川実花「あははw」

鈴木おさむ「来年とか再来年とか、ちゃんと稽古をしてですね。
男性と2人芝居です。」

大島優子「ちょっと未知の世界過ぎて、事務所に確認取ります。」

鈴木おさむ「秋元さんがOKって言ってるんですよ。」

大島優子「いや、秋元さんは事務所の人間じゃないですからw
確かに秋元さんがOKって言ってるなら何も言えないですけどw」


 

鈴木おさむ「これを言うとファンの方は怒るかもしれないんですけど、
うちの妻は大島美幸っていうんですよ。同じ大島。」

大島優子「しかも地元も栃木県で一緒なんですよねw」

鈴木おさむ「そう!それで、これもファンの方、怒るかも知れないんですけど、
大島美幸は結婚したときバージンだったんですよ。」

大島優子「!」

蜷川実花「あっはははははは!」

大島優子「いいんですか!バージン2人目を奪おうとして!」

鈴木おさむ「大島美幸のバージンを破ったので、大島優子の舞台バージンをくださいっていうー」

大島優子「バージン好き!」

蜷川実花「あはははは!」


 

大島優子「そうですね。いずれ舞台はやりたいと思ってましたけど、
どういうタイミングでってのは分からなかったんですよね。」

鈴木おさむ「そうでしょ!僕は脚本、演出家両方やりますから。」

大島優子「どう思いますか?」

蜷川実花「大変そうだけど、私は見たいと思いますね。
優子は何度か仕事をさせてもらってますけど、信じられないくらい良い子なんですよね。」

大島優子「いやいや。」

蜷川実花「そんな良い子が2人芝居でとんでもない状況に陥るってのは、高く翔べるチャンスかもよ?」

鈴木おさむ「良いこといいますね。高く翔べるチャンス。」

大島優子「そうですねぇ・・・」

鈴木おさむ「番組終わりまでに返事ください。」

大島優子「え!?終わりって、事務所の人に確認取らないと・・・」

蜷川実花「皆、ニコニコ見ながらこっち見てるよw?」

大島優子「ちょっと待ってくださいよ!これは、ちゃんこ食べながらゆっくり話しましょうよ。」

鈴木おさむ「生放送中に答えを出すことを秋元さんも望んでるはずよ。
今決めることで、明日のヤフーニュースとかに『大島優子初舞台決定!舞台バージンを鈴木おさむに捧げる!』って出るんだから。
そして俺のツイッターにファンがめっちゃくちゃ怒って突撃してくるっていう流れまでを
秋元さんはみてるはずなのよ。」

大島優子「あははははは!」
蜷川実花「あははははは!」

大島優子「そうですね・・・分かりました。番組終わりまでにバージンを捧げるか、捧げないかをー」

鈴木おさむ「舞台バージンって付けてくれるw?」

蜷川実花「あはははは!」

大島優子「あw舞台バージンって言わないと語弊がねw」

鈴木おさむ「そうそうw」

大島優子「舞台バージンを鈴木おさむさんに捧げるか、捧げないかをラジオ中に決めたいと思います。」

 

 

 エンディング

大島優子「発表します!
大島優子の舞台バージン、鈴木おさむさんに・・・捧げます!!」

鈴木おさむ「やった!ありがとう!大切にする!」

蜷川実花「あははは!」

大島優子「まだ詳細は決まってないから何時何時とかは分かりませんけど、ここから動き始めということで。」

鈴木おさむ「本当にやります。」

大島優子「私の初舞台、お願いします。」

鈴木おさむ「舞台バージン、痛くしませんから。」

大島優子「本当に?優しくw」

蜷川実花「あははは!」

鈴木おさむ「時には厳しくしますけどね。」

大島優子「あはは!」

鈴木おさむ「せっかくだから蜷川さんにポスター撮ってもらいましょうよ。」

蜷川実花「良いですよ。」

大島優子「え!?決断はや!事務所は大丈夫?」

蜷川実花「全然居ないw」

鈴木おさむ「・・・いいですか?ありがとうございます!」

蜷川実花「おっけー!」

鈴木おさむ「決断して頂き、ありがとうございます。」

大島優子「すごーい。」

 

 

▼番組情報
AKB48のオールナイトニッポン 

 

▼動画リンク
https://www.youtube.com/watch?v=gv3A0muhbks#t=4m45s

 


 

管理人

大島優子「はい。まだバージンです。」

hagepc

 

-ANN
-, ,