俺的AKBラジオ局

聴き逃した君たちへ

大矢真那「回転寿司で最初に頼むのはー」

11 - 1

2015年2月12日放送
ナガオカ✕スクランブル

パーソナリティ:永岡歩
ゲスト:大矢真那

お題に「それしかない!」という解答と理由を送ってもらう『それな!』のコーナー

お題:回転寿司で最初に頼むもの

永岡歩「まさにゃ(大矢真那)が回転寿司で最初に頼むものは何ですか?」

大矢真那「卵です。」

永岡歩「卵!これはなんで?」

大矢真那「卵はきっとどのお店も同じくらいの味なので、納得が出来るというか。」

永岡歩「なるほど。カウンターのお寿司屋さんだと、そのお店の味ってのがあったりしますけど、
回転寿司だとフランチャイズやチェーン店が多いから失敗がないってのがありますね。」

大矢真那「失敗ないですね。」

永岡歩「一番好きな寿司は?」

大矢真那「穴子が好きです。」

永岡歩「穴子を最初ってのは無い?」

大矢真那「無いです。やっぱり最初は卵しか頼まないです。」

永岡歩「へええ。頼む順番とかがあるの?卵の次とか。」

大矢真那「からあげとか。」

永岡歩「ああ、サブメニュー?」

大矢真那「サブメニューではなくて、お寿司の上に唐揚げが乗ってたり、
ハンバーグが乗ってたりする子供が好きそうなやつを。」

永岡歩「あるね!コーン寿司とかね!」

大矢真那「そういうのを頼みます。」

永岡歩「なるほど。回転寿司ってテーマなので、そこもポイントになるかも知れませんね。」


永岡歩「まさにゃと同じ卵という答えが『RN:カレーまん』や『RN:さくパン』からも来ております。
理由は、やっぱり真那さんが言ったとおり、どの店で食べても安定して美味しいのもありますし、
自分が一番好きなのもあります、と。」

大矢真那「美味しいですよね。」

永岡歩「『RN:奇跡の距離感』からは茶碗蒸し。
なぜなら出来るのに時間がかかるから。」

大矢真那「あ!そうですね!」

永岡歩「まず茶碗蒸しを頼んで、そのあとに好きなものを食べていると、
3皿目くらいに届いて、美味しくいただけると。」

大矢真那「なるほど。それいいですね!」

永岡歩「『RN:リサディ』、『RN:シャアプール』からは、えんがわ。」

大矢真那「えんがわ!」

永岡歩「理由は、一番好きなものは最初に味わうのがいい。」

大矢真那「わあ!」

永岡歩「『RN:ワーカー』からはねぎとろ。お腹いっぱいになる前に好きなものを食べたいです。」

大矢真那「好きなものから派ですね。」

永岡歩「『RN:非リア充なう』からはマグロ。大抵メニューの最初に書いてあるから。」

大矢真那「ああ!見ますね。」


永岡歩「これ多いですね。『RN:まさとんぐ』、『RN:もやし太郎』、『RN:佐渡産にーにー』などから来ています、サーモン。」

大矢真那「ああ!サーモン忘れてた!」

永岡歩「忘れてた?サーモンは行きたい。」

大矢真那「行きたいです。」

永岡歩「卵から唐揚げとかハンバーグ行って、いつくらいにサーモン行きます?」

大矢真那「2番目です。卵、サーモン、サーモン、ハンバーグですね。間違えてました。」

永岡歩「ということは、一番好きなのはサーモン?」

大矢真那「サーモンかも知れないです。
生ハムと迷います。」

永岡歩「生ハムが急に出たんですけど!?」

大矢真那「www」

永岡歩「生ハムが急に出てきたのは何で?」

大矢真那「回転寿司って生ハムもあるのを思い出しました。
私、生ハムもすごい好きなんです。」

永岡歩「なるほどね。」


永岡歩「皆さんからそれ以外にも大トロ、『RN:水風船』からは味噌汁。
などなどたくさんの意見が届きました。

それらをトータルで考えた上で、
まさにゃ!皆がそれだと思う、一番最初に頼むものといえば!」

大矢真那「うどんしかない!」

永岡歩「いや違う違うwwwww」

大矢真那「え?」

永岡歩「今、うどんって言った?」

大矢真那「うどんって言いました。」

永岡歩「うどんって何の提示もされてなかったのに何でいきなり出てきたの?」

大矢真那「私はお寿司のお供が汁物として、うどんなんですよ」

永岡歩「ほうほうほう。」

大矢真那「さっきの茶碗蒸しさんのー」

永岡歩「茶碗蒸しさんじゃないけどね!
茶碗蒸しって意見は来たけどもw」

大矢真那「その意見を聞いて、先にうどんを頼まないと
お寿司と一緒に食べられないなってのを思って。」

永岡歩「なるほど。そこからのうどんだったのね。」

大矢真那「はい。」

永岡歩「なかなかの遠回りだったなーw」

大矢真那「ふふふっ」

 

▼番組情報
ナガオカ×スクランブル - CBC公式ホームページ hicbc.com

 

 


管理人

うどんに決定!

hagepc2

-ナガオカ×スクランブル
-,