俺的AKBラジオ局

聴き逃した君たちへ

川栄李奈の伝わらない話

2015/01/15

1f3e1df0

2012年1月4日放送
AKB48のオールナイトニッポン

峯岸みなみ、梅田彩佳、山内鈴蘭、川栄李奈、入山杏奈

収録回

 

去年の自分に点数をつけるなら?

川栄李奈「そうですね、52点くらいですかね。」

峯岸みなみ「りっちゃん(川栄李奈)も色々変化のあった年だったよね。」

川栄李奈「でも、わたしも半分ですね。半分出させてもらって。」

梅田彩佳「半分出させてもらって?」

峯岸みなみ「なにが半分なの?」

川栄李奈「あの、出させてもらって。50点って半分じゃないですか。50点って普通じゃないですか。」

梅田彩佳「うん。」

川栄李奈「だから、普通の人だったんですよ。」

峯岸みなみ「どういうこと?」

梅田彩佳「私には上手く伝わってないなw」

川栄李奈「AKBって人がいっぱい居るじゃないですか。そこに番組とかに呼ばれて、出させてもらうとするじゃないですか。だけどそこで結果を出せずに半分で終わっちゃったんですね。半分しか出てなくて。」

峯岸みなみ「半分って、実力が?」

川栄李奈「実力っていうか、そのー」

峯岸みなみ「自分を出せなかったってこと?」

川栄李奈「そういうんじゃなくて、こう・・・わたしが半分しか出てなくて。」

峯岸みなみ「んん?」

山内鈴蘭「自分を100%出し切れなくて50%の自分しか出せなかったってこと?」

川栄李奈「えっと、あのー」

峯岸みなみ「番組に呼ばれるときと呼ばれないときがあったってこと?」

川栄李奈「いや、呼ばれたけど、AKBって大人数じゃないですか。なのに、真ん中だぞ、みたいな。」

峯岸みなみ「うん・・・?」

山内鈴蘭「ん?」

峯岸みなみ「どういう意味?難しいんだけど。」

入山杏奈「呼ばれたのは100点だけど、結果を出せなくて50点ってこと?」

川栄李奈「そうじゃなくて、結果的にわたしは普通の人で終わっちゃったんです。だから、そこは半分じゃないですか。なので50点です。」

峯岸みなみ「は!?」

山内鈴蘭「あはははははは!」

峯岸みなみ「だれか、これ聴いている人で分かる人いますか!?」

-ANN
-, , , ,