俺的AKBラジオ局

聴き逃した君たちへ

谷真理佳「松村さんのイビキが酷すぎる」 松村香織「気のせい」

d92f09f3

2015年1月7日放送の『SKE48&HKT48のアイアイトーク』より

パーソナリティ:松村香織、谷真理佳

松村香織の直して欲しいと思ったところ

松村香織「ラジオネーム、峯岸みなみアフリカさん。
・・・あんまりおもしろくないね。」

谷真理佳「ちょw」

松村香織「『お互いに直して欲しいと思っているところはなんですか?』」

谷真理佳「良い質問来た!」

松村香織「どこですか?」

谷真理佳「これは言っていいですか?」

松村香織「いいよ。」

谷真理佳「松村さんのイビキがマジ酷いんですよ。」

松村香織「気のせい。」

谷真理佳「気のせいじゃないですよ!
音が、どんな風に言えばいいのかな。
自分で録音した音がありますよね?」

松村香織「うん。あまりにも酷いって言われるので、イビキを録音出来るアプリで録音した。」

谷真理佳「あのー、ヤバイですよね。」

松村香織「でも谷とかに言われたから、
口をガムテープみたいなので塞いで寝たんです。」

谷真理佳「ww」

松村香織「それで録音したんですよ。そしたらそれでもイビキしてたんですよ。」

谷真理佳「wwww」

松村香織「それで色々調べてみたの。」

谷真理佳「はい。」

松村香織「私は喉が狭いみたいで、レーザーで焼かないと、これ治らないの。」

谷真理佳「ごめん・・・なんか、そういうことに触れてしまって。」

松村香織「・・・」

谷真理佳「そんな顔しないでくださいよ!」

 

谷真理佳の直して欲しいところ

松村香織「谷の部屋が汚いのはファンの皆さんには有名な話ですけどー」

谷真理佳「有名じゃないですよー!」

松村香織「お母さんからも怒られたりしてね。」

谷真理佳「ガチで怒られましたね・・・」

松村香織「私もこの間部屋を掃除して。
鏡台と座椅子を使わなくなったから谷にあげたんですね。
使わないから居る?って聞いて。」

谷真理佳「頂きました。ありがたい。
さすが年収2000万の女!」

松村香織「・・・そんなに貰ってないからな。ふざけんなよ?」

谷真理佳「ww」

松村香織「それであげたんですよ。
谷の部屋は番組で掃除してもらったから綺麗だろうなって思ってたんですよ。」

谷真理佳「綺麗です!」

松村香織「で運びに行った時にー」

谷真理佳「ああああー!!ああー!」

松村香織「あれ?ってなって。」

谷真理佳「ピー!ピーーー!」

松村香織「掃除したのに、なんでここまでなってるのかって。」

谷真理佳「いやいやいやいや!」

松村香織「飲み物は飲みかけで置いてあるし。
お金をかけてもらっても、戻ってしまうんだなって。
これが谷の普通ならそれはいいやって思ってたんですけど、
その後に話を聞いていたら、私の座椅子ってリクライニング出来るやつで、
フラットにも出来るんですよ。」

谷真理佳「そうそう。」

松村香織「そしたら谷がこの間、
『松村さんから貰った座椅子最高ですよ!今、谷それで寝てるんです!』って話してて。

え!?って思って。どういうことだろう?って。」

谷真理佳「ちがうんです!」

松村香織「そしたら布団の上に座椅子をフラットにして、その上で寝てるって聞いて、ビックリして。」

谷真理佳「あの話しなきゃ良かったなぁ・・・
いやぁ、今使ってる敷布団が固いんですよ。
そのせいで腰も痛くなってー」

松村香織「買えばいいじゃん。3000円くらいで買えるよ。」

谷真理佳「でも、どこに売ってるか分からなくて。
マジあの座椅子最高っす!」

松村香織「あの座椅子2000円くらいだよ。」

谷真理佳「え!?」

松村香織「またガサ入れされたら痛い目にあうよ?」

谷真理佳「いやいや、部屋は汚くても心は綺麗ですから!はい!名言!」

松村香織「・・・」

谷真理佳「ねーえ!」

 

 

SKE48 エビカルチョ

9a69a61e

a356352c

7ee37840

fbe2c098

88f80d9c

79dbdad1

 

 

▼少し前の谷真理佳の部屋の様子

SnapCrab_NoName_2014-11-20_15-31-11_No-00_compressed

SnapCrab_NoName_2014-11-20_15-41-24_No-00_compressed

 

 

▼番組情報
SKE48&HKT48のアイアイトーク - ニッポン放送

 

 

▼動画リンク
https://www.youtube.com/watch?v=fN3gKKEAeH4#t=4m47s
4分47秒あたりから

 


管理人

そのイビキの音をGoogle+にアップしよう!

hagepc2

-アイアイトーク
-,